NCスチロールカッター Type R two

たびたび登場しているNCスチロールカッターの話題です。精度向上活動の甲斐あって、垂直尾翼リブはこの装置で作ってみたわけですが、もともと10年以上前に作ったものであったので大きな問題がありました。それはモーター制御系・ドライバは購入していたのですが、そのソフトウェアが古い言語にしか対応していないということです。また、今はレガシーになってしまったパラレルポートを必要とします。そのため、新しいPCで引き続き使うこともできないし、装置を増やすこともできませんでした・・・

Type-R_board.JPG

Type-R_two.JPGそのため、一般的なマイコンを利用したシステムへの移行を図っていました。この方式のNCカッターでもそれなりのものが作れる可能性が分かったので、もう少し実際の製作に役立ちそうな仕様として2号機の製作に取り組んでいます。

現在、ステッピングモーターの駆動と、従来の制御プログラム(コンソール)による制御が可能な段階まで来ています。あとはニクロム線カッター部を製作すれば、1号機と同等の機能までは実装できたことになります。

これでようやくUSB接続で操作できます・・・もうパラレルなんてデスクトップぐらいしか付いてないよ・・・

ykuni

IMG_20161126.jpg

このブログ記事について

このページは、が2016年11月26日 22:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「垂直尾翼(ほぼ)完成」です。

次のブログ記事は「Starting the Type-R two (second NC hot-wire cutter)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。