人力飛行機制作集団Coolthrust 「人力飛行機の試験飛行における安全対策について」 ~実例紹介を通じて(その4)

2005年のスカイスポーツシンポジウムでの発表原稿を元に、ブラッシュアップしたものです。 「テストフライトの問題事例」編(第2回) 第2部「製造不良編」 製造時の不具合、有り体に言って、「製作ミス」による問題事例です。
2005年のスカイスポーツシンポジウムでの発表原稿を元に、ブラッシュアップしたものです。 「テストフライトの問題事例」編(第2回) 第2部「製造不良編」 製造時の不具合、有り体に言って、「製作ミス」による問題事例です。

主翼の揚力差の発生

(原因)リブ単位での迎角不良
(対策)製作時チェック方法の見直し

 主翼のリブ取り付けに問題があり、中心から右の2番目の翼部品(2.5m~6.5mの4m)が1度以上ねじれていたため、左右揚力バランスが大きく崩れていた事例です。第1段階の滑走試験で発見されています。

主桁接合部の接着不良
(原因)パイプ桁の断面変形による剥離
(対策)リブの増設による断面形状確保

 接続部分の桁の外周にアルミのリングを被せ、接着していますが、これがはがれたものです。 組み立て中に部品の接着はがれが見つかったもので、飛行中大きな力が作用する部分であり、意図せず滑りが生じてガタを生じる可能性があったため、当日はテストフライトを中止しています。第3段階で発見されています。

(次回、「テストフライトの問題事例」第3部「セッティング不良編」2007/05/28に掲載予定です。)
ykuni

このブログ記事について

このページは、が2007年5月21日 00:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「人力飛行機制作集団Coolthrust 「人力飛行機の試験飛行における安全対策について」 ~実例紹介を通じて(その3)」です。

次のブログ記事は「人力飛行機制作集団Coolthrust 「人力飛行機の試験飛行における安全対策について」 ~実例紹介を通じて(その5)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。